社長、評価された経験はありますか?

2018年7月23日

人事評価制度がうまく運用できない、つまり「失敗」するケースをご紹介しましょう。

様々な理由がありますが、その一つが「社長=経営者自身が人事評価の経験がない」です。

いわゆる「脱サラ」して起業した経営者の場合は、勤務時代、その会社に人事評価制度があり、その社員の一人として、人事評価をされた経験をもっている場合が少なくありません。この場合は、「人事評価のイメージ」をすでに持っており、「評価される側の気持ち」を知っているため、人事制度の導入は比較的容易です。

ところが、そのような経験がなく起業し、事業経営をしている経営者の場合は、「(人事)評価をされた経験」が無いため、そもそも「人事評価って?」というイメージがないばかりか、非常に重要な「評価される側の気持ち」が分からないことがあります。
人事評価をモチベーションアップのツールとして使いこなせないだけでなく、最悪の場合は、社員のモチベーションを削いでしまう結果になりがちです。

では、そのような「(人事)評価される経験を持っていない経営者」は、どうすればいいのでしょうか?

「評価される経験をすればいい」のです。

誰に?

「自分を最もよく知ってくれている人」です。

友人?人間関係が構築できている取引先?顧問税理士?先輩経営者?

そのような人たちに
「私って経営者としてどうだろうか?」
「率直に聞かせてくれないか?」
と持ち掛けてみることです。

様々な「評価」をしてくれることでしょう。
その「評価」を聞いてみて

「なるほどな・・・」と、謙虚に聞ける場合もあれば
「あなたに何がわかるんだ!?」と反発する気持ちになることもあるでしょう。

それが「(人事)評価される側の気持ち」です。

自分自身への他者の「評価」を聞いてみて

「素直に聞けて、反省や気付きを得て、改善へのモチベーションがアップした」

と感じられる「評価」と

「どうも素直に聞けなかったんだよね・・・」

と感じられる「評価」を

聞き比べてみて、感じ比べてみて
社員のモチベーションアップに効果的な接し方を考えるきっかけをつくります。

「(人事)評価された経験がない経営者」は、是非、取り組んでみてください。

せっかく導入する人事評価制度を成功させるために、非常に重要です。