人材育成:OSがポンコツだったら、アプリはサクサク動かない

2017年8月27日

個人の専門性や成果だけで人材の評価をしてはなりません。
なぜなら・・・「組織スキル」を上げなければならないからです。
言い換えれば「チーム力」です。
スゴイホームランバッターがいても、チームプレーが出来なければ、チームの勝利への貢献は望めません。
反対に、打率は低くても、ムードメーカーとして活躍する選手もいます。

そんな理由で、我々は人事評価については「基礎スキル」と「実務スキル」の両方の視点が大切と考えています。

どちらが優先的か?

答えは「基礎スキル」。

「基礎スキル」を伸ばすと「実務スキル」が付いてきます。
しかし、
「実務スキル」を伸ばしても「基礎スキル」は付いてきません。

「基礎スキル」には、多くのテーマがありますが、その中でも、特に必須テーマとして8つをお勧めしています。

  • 課題を発見するチカラ
  • 計画を達成するチカラ
  • コミュニケーションのチカラ
  • 受注・発注のチカラ
  • 報連相のチカラ
  • 管理のチカラ
  • 自ら学習し、経験するチカラ
  • 伝えるチカラ
  • 営業成績が良くても、管理のチカラが低く、未回収が多い
  • 経理実務は優れているが、コミュニケーションのチカラが低い
  • 経験的に技術力はあるが、新しい技術の勉強をしない

このような人は意外と多く、悩ましい人材として経営者のストレスになっていることがあります。
彼らに、どのように指導し、改善させればいいか?

「ちゃんとしなさい!」

これでは、絶対解決しません。

なぜなら彼らは「ちゃんとの状態」を知らないからです。

社長が言いたい「ちゃんとした状態」を、言語化し、評価基準としたのが「基礎スキル」です。

人事評価を通じて、個々の社員の「OSをアップデート」しましょう!