社内で絶対共有すべき大切な1つのキーワード

成長って何だ?

社員の成長、組織の成長を望まない経営者はいないと思います。
少なくとも、弊社が今まで出会った経営者は全員が「社員に成長して欲しい」とおっしゃいます。

しかし・・・

しかしです・・・

「社員に成長して欲しい」と言いながら「成長」の定義が曖昧なのです。

経営者「君の成長を期待しているよ!」
社員「はいっ!」

このやり取りにツッコミ・・・。

「成長」って何だ?

成長とは・・・

当社の定義付けは

「成長とは、今まで以上に役に立つ人になること」
別の表現では
「成長とは、今まで以上に喜んでもらえるようになること」
です。

「銀メダル」のときより「金メダル」を取る方が、ファンは喜んでくれます。
「1割バッター」が「3割バッター」になれば、ファンはもっと喜んでくれます。

銀→金、1割→3割・・・これが「成長」です。

全員で共有する大切さ

人事評価の目的は人材育成=成長支援です。
したがって、そもそも、この「成長」という言葉の意味を全社で共有しておくことはとても大切です。

「もっと役に立ち、もっと喜んでいただける人材になること」
「もっと役に立ち、もっと喜んでいただける企業になること」

そのために、お互いが「成長を支援しあう」ための道具・手段です。

『だから「人事評価制度=成長支援制度」を導入しているんだよ』
常日頃から、経営者は発信し続けることがとてもとても大切なのです。